不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  可愛いお客様 & ミコの近況 

DSC_0012-0.jpg


雨に打たれて花弁が落ちかけたところへ


可愛いお客様の登場です


DSC_0009-0.jpg


強い香りを放つストックにも お客様です

最近見かけなくなった 蜂でした

DSC_0018-0.jpg

雨が上がるのを待ちかねたように・・・登場です




DSC_0013-0.jpg


時間にして4~5分でしたでしょうか・・・全く動きません

最期の力を振り絞るように止まり続けました





天気に関係なく 寝てばかりいる我が家のミコ

成長が止まらないで 大きな猫になりました

すでに雌猫の域を超えて、ボスネコの風格ですw


DSC_0035-0.jpg


最近はカメラを向けても嫌がらなくなりました

カメラが大きくなったのも原因でしょうか


DSC_0037-0.jpg


デジタル一眼のズームレンズのおかげで

離れた場所からでも写すことができます



DSC_0034-0.jpg



正月以来の長期休み中です

ミコは喜んでいるので胸中は複雑ですけどね(笑)

仕事が有る事の有難味をつくづく感じる毎日

今月末から来月中盤にかけ今年最後の連勤です

生涯現役も仕事が有って、健康であることが条件ですね


DSC_0029-0.jpg


爺と猫が生きていくだけなので贅沢など言いません

止まない雨は無いそうですw

山あれば谷あり、てっぺんに登れば後は下るだけ

下り坂に終点はあるのかどうか・・・


明日天気になぁ~れ と祈りましょうか(笑)




最近、巷では【ナマズ】が流行とか・・・

そんな空気に便乗して我が家のナマズグッズを・・

DSC_7436.jpg

DSC_7437.jpg


ナマズの扇型ストラップ

魔除けに身に着けておくと良いのか?


DSC_7435.jpg

琵琶湖大鯰のストラップ

外来魚のブルーギルを食べてくれる正義の味方です

(緑色の物体はカエルです)

無事帰る? 厄除け?

◎  更新できなかった理由(言い訳)です 

ポンコツの長屋の爺です  

おはようございます

ポンコツは伝染する?

昨日はパソコンが言う事を聞かず、ネット接続が不調で

マイブログの画面には何度かたどり着いたが、それ以上は

移動できず、メールすら確認できずに、夜11時まで格闘するも

断念して「不貞寝」することに・・・

今朝は「システムの復元」を試行して、様子を見ようと・・・


結果、何とかメールも観れたし、ブログにも移動できるようになった

原因など解らないが、パソコンも機嫌が悪い時や、あちらこちら

不具合が出るらしい、持ち主の爺と「おっつかっつ」と言う事か (笑)


そういう訳で、更新は夜にでもと考えています

何を書こうか 楽しみでもあります

とりあえず、更新できなかった理由の説明でした

◎  コメント 

時折、「どうコメントしていいかわからないので・・・」

そんな言葉を聞いて、長屋の爺はもしかしたら勘違いを

していたかもしれないと思うようになった


「どうコメントして・・・」

これを 【どんな言葉を使ってコメントするか】

そう解釈してきた

おそらく、そういう意味で発した言葉もあるはずだが

なかには「どうやって」、つまりどのようなやり方で

コメントを残したらよいのかという方もいるのか?

そんなことをふと思った・・・


それと共に、私のブログの「テンプレート」のコメントの

投稿の方法にも問題があるのか?

そんな疑問が浮かんでしまった


では、私のブログのコメントの投稿についてですが

Commentという個所の【数字】をクリックすると、

他の方のコメントを観たり、閲覧者(読者)がコメントを

残したりできる仕組みになっています



他の人には読んでほしくないなら

非公開コメント 【管理者だけに表示を許可する】 に

チェックを入れれば、内緒話もできます(笑)

(ただし、内緒コメントに、公開返信はどうかと思い、私は

内緒コメには返信は控えているが、 必ず何度も読み返して

おります)

拍手コメントも同様に、非公開コメントとして選択すれば

閲覧者から管理人へのメッセージとして機能します

(当ブログでは 承認制 を取っていますので、メールで

投稿を知り、承認するかどうかの判断をいたします)


私のブログに関わらず、忘れてほしくないのは

HNはきちんと記入すること

名無しや通りすがり、未記入というものは「失礼極まりない」と

私は思っています


一期一会であろうと、最低の礼儀だけは守るように

私は心がけています

それを他の方に強要するのもどうかと考えましたが

此処は私の「城」でもあり、私のカンバスでもあります

ルールを決めるのも主です

そんな考えから、皆さんにお願いをしている次第です


最近のFB,ツイッター、LINEの影響なのか、いきなり

本題に入ったり、会話を始める方が多くなった

効率的なのか、友好的なのか爺は未だ知らず・・・・


古来よりこの日本では 【親しき仲にも礼儀あり】

とも言います

こんにちは こんばんは を省いたからといって

得るものなど無いと思っているのは私だけでしょうけど・・・


それでも、「花はそっと咲き・・・」のブログで、私は何年かコメントを

くださってくださる方には挨拶抜きのコメントを受け入れています

あくまでも少数の読者とのつながりから判断したものです


些末な事ですが、「ブログ不必要な善意」だけは、その決まりを

頑なに護っていきたいと考えています



日本には、「礼に始まり 礼に終わる」 という言葉があります

私は 「礼」とは「霊」に対する「儀式」を連想します

「死霊」であろうと「生霊」であろうと、相手の霊に対し敬意を払う

そんなことから、人は相手に対し「礼」をするのだと思っています

剣道、柔道、弓道・・・いかなる武道でも、礼を観ればその人間が

見えてきます


勝ち負けに固執する者の「礼」に「霊儀」の匂いは感じられません

そういう意図をもって一度、武道を観戦してみてください

形ばかりの「礼」に【こころ】は感じ取れない事でしょう・・・


「道」とは結果ではありませんし、終着点でもありません

通るその時々での「心の持ちよう」を専一とすると私は考えています


最近の指導者は「勝ち負け」の結果ばかりを重視し、基本的な

相手に対する礼儀の意味を教えていないのかもしれません


外国人で日本の精神性を理解できない指導者を率先して

招へいし、勝ち負けに固執する現代の風潮にはため息が出ます


話が脱線してしまいました(笑)


コメントにはいくつかの種類があります


もらってうれしいのは、同じ線上で語りかけてくれるもの

それを仲間といっても、同士といっても良いかもしれません

ブログ更新してて「良かった」と思える瞬間です

共感は価値観の共有でもあります

こういうコメントは大歓迎ですね


もらって恐縮するのは、あまりにもブログ主を称賛するもの

世間では「褒め殺し」とか言うそうですが、あまりに過度な

ほめ過ぎは、時には少々引いてしまうこともあります

褒められて嬉しくない人は居ませんが、物には限度・加減

というものが有り、その辺のさじ加減は慎重にしたいものです


貰って迷惑なものは、ブログとは関係ない話題とか、他の

読者に関心の無い話題のコメントなど微妙なものも中には

あることが・・・

話題が「とっちらかる」ことは仕方が無い事で、私は気になりませんが

話題の内容によっては、ブログ主の器量の見せどころかもしれません


そして、もらいたくないコメントの代表は・・・

他人様のブログのコメント欄で、自分の「自論」を長々と展開

してくれる御仁たちや、腹立ちまぎれに「悪口雑言」「誹謗中傷」

の羅列を繰り広げる人間のコメント

その多くは日本人以外の方が多く、日本人でも「反社会勢力」の

一員と思しき人間と思える輩の、お粗末極まりないコメントである

私はほとんどのこの手のコメントは数行しか読みません

その後、削除して記憶からも消してしまいます

頭が良くないので、覚えていられる容量に限界があり、優先順位

の低いものは抹消しないことには生きていけません(笑)


もう一つ、素人のブログを観て、誤字脱字を論(あげつら)う輩には

大変迷惑します

自分のお金で購入した書籍類の誤字脱字なら、責任元に指摘・抗議

するのは許せるが、素人だと断っている個人ブログに、難癖付ける

研究者・有識者と思える人のコメントには閉口するばかりである


 「人の振り見て我が振り直せ」

肝に銘じたい 先人の知恵であります。
 


back to TOP