不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  37年ぶりの東京でした 

東京へ行ってきた

東京に足を踏み入れるのは37年ぶり

結論から言うと、37年前の東京は長屋の爺には冷たかったが

今回の東京はじつに温かく迎えてくれた

こんな事ならもっと前に東京へ行くべきだったと思ってみたり・・・


カナダの親父様にお会いできる機会など無いと諦めていたが

一念発起して出かけてみて大正解だった

思った通りの「親父様」であり、今まで会ったことが無い事が不思議に思える

人との出会いは私の中では常に必然であり、「会うべくして会った」

失礼な言い方かもしれないが、見えない糸でつながった「ともがら」だと

再確認できた


初めて会う人間たちの同窓会

その窓が如何なる窓であるかは一人一人の思いがあるだろうけど

人間10人寄れば10種類の人生があり

人それぞれ価値観も人生観も違うけれど

心の波長が合う人だから必然的に会って、共感したり自分に無い経験談を

聞くことができるのだと・・・そんな事を帰りの新幹線でぼんやり考えていた


私はかなり昔に、ネットで知り合った人たちと「オフ会」を何度か開催した

ところがその当時の私が主催するオフ会は「男(漢)ばかり」であり

「やんちゃ坊主」を取りまとめるのが私の役目だった


今回の集まりでは男性は「添え物」だったかもしれない (笑)

カナダの親父様が常々仰っている「これからは女性の時代」と言う言葉が

実感できた気がする

懐の深さは私たちが逆さになっても「適わない」

男というのは幾つになっても女性の「掌(てのひら)」の上で転げ

まわっている生き物なんだ・・・・と


 

オフ会

東京到着は5日昼を少し過ぎたころ

U氏がわざわざ出迎えてくれた

右も左も分からない「浦島爺」のために・・・・・感謝 感謝

昼時と言う事もありオフ会には時間がたっぷりあると言う事で

駅近くの寿司店で「ご挨拶」、兼「乾杯の儀式」 二人だけのオフ会

気が付けば「焼酎瓶」がほぼ空にw

景気づけにはちと量が?


武士は「酌をしない」という決まり事がある

己の限度を弁(わきま)え、いかなる時も酒でしくじる事が

あってはならないという

つまりは、昔の侍は酒に酔っていて不覚を取り命を落すことを

最大の恥辱としていたと言う事である

だからどのペースでどのくらいの量を呑むかは、武士の器を知る

物差しだったことになる

何でこんなことを書く?

じつは私は相手の方に「お酌をする」ことが苦手なのである

自分がお酌をされるのを好まないという理由からなのだが・・・・

昔は先輩諸氏から「気の利かない奴」と褒められていた

その意味からいえば、今回はとても気楽な会だったことになる

ママさんは大変だったでしょうが・・・


じつは この文章がちょうど半分で、残りの半分はPCがフリーズして

消えてしまいました(泣)

かなり萎えていますが、思い出しながら続けようと思います・・




宿泊


P1000607.jpg
P1000609.jpg


《宿泊した シーサイド イン 大森 のシングル部屋の内部》

昨夜は10時には就寝、朝4時起床

ところがまだ体に酒が残っている状態、それほど呑んだ記憶が無いが

朝早く起きてもすることが無いので、目覚めのお茶を・・・

ところがティファールの湯沸かしポットはあるのだが、水が入っていない

お茶のティーバッグはあるが水がどこにも無い・・・

あるのは「トイレの水」、「洗面所の水」、「風呂のシャワーの水」・・・

勘弁してくれよ~ さすがにその水だけは無理!

フロアーに自販機が有ったので、そこでミネラルウオーターを買えとでも?

合理的なんだか、不親切なんだか・・・まったく



ダンディで気さくな親父様

カナダの親父さん


第一印象は「想像した通り」

ダンディで笑顔が素敵な「オジサマ」のイメージそのまま・・・

ちょっぴり茶目っ気もあって、人を飽きさせない微妙な間を持った

魅力的な紳士で、女性のファンが多いのが納得できる親父様でした

女性が「放っておけないタイプ」とは親父様のような人なのだろうか?



優しさの源

人間は悲しみを経験すると、それに応じて他人に優しくなれる

今回お会いした人は皆それぞれ「優しさの種」をお持ちのようだった

優しさが自分を傷つけ、相手を傷つけることも有る

敢えて言わない優しさもある

聞かなかったことにする優しさもある

観てみぬふりの優しもあるだろう

話を聞いてもらえるだけで優しさを感じることも有るはずだ

話を聞くと言う事は、とても難しい事なのである

他人の話をきちんと最後まで聞かずに、持論でねじ伏せる人に

優しさは感じられないと思う

聞き上手は話し上手とも言います

参加者それぞれに、私には「聞き上手」に見え、話し上手にも見えました


今回の東京オフ会に参加するに際しての目標は、「話を聞く」でした

ところが、4か月ぶりの酒でそれが達成できたかどうか自信がない

長屋の爺 いまだ未熟者と言う事ですわ


私には やさしさ=愛情 という論理は存在しない

愛情など無くても「人にやさしくできる」のが人間という生き物なんだと

極道やナンパ野郎を観てい居れば簡単にわかることだ

逆に考えると、優しくなくても愛情は存在する

この論理は、元妻に「三下り半」を突き付けられて瓦解した(笑)


それ以来、女性にはできるだけやさしく接するように心がけているが

まだまだ修行が足りないというところか、元妻が聞けば「その優しさ」

私に頂戴と言うかもしれない、本当に申し訳なく思っている

(覆水盆に返らず・・・後の祭りなんですが トホホ・・)

でも、私は優しくは無かったかもしれないが、暴力を振るったり、

酒を呑んで問題を起こしたことも無く、浮気やギャンブルで苦しめたことも無い

ただ・・・優しさの表現ができなかっただけかもしれないと、自己弁護してみる(笑)


帰宅



DVC00006_2016060613415242a.jpg

《帰りの新幹線「ひかり700系」グリーン車座席》

初めて700系新幹線に乗車、広々として快適な旅でした


朝起きて、今日の行動を聞かれても、とにかく荷物が多い

来た時よりも大荷物になっているではないか

朝8時、靖國に行こうかどうか迷ったが、通勤ラッシュの山手線や

地下鉄に、この状態で乗る勇気は長屋の爺にはありませ~ん

天気も怪しげだし、何処にもよらずに帰宅を選択した

朝、品川駅前のお店でモーニング珈琲をU氏に御馳走になって

駅前にて握手で別れの挨拶、本当にありがとうございました


つぎに東京へ行くのは「神宮球場」へ行く時と決めている

私は「スワローズ ゴールド会員」ですからw

スワローズ一筋50年でして、勝った負けたで一喜一憂はしませんが

そっと静かに応援しています

神宮の内野席で呑むビールは格別ですから・・・・

PS
早めの帰宅で、本日の「可燃ごみ」の収集に間に合いました

気にはなっていたものの、半ばあきらめていただけにラッキーでした

何と言っても「主夫」ですからね (笑)


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

長屋の爺様

 今晩は。
ハンドルネームを変えてから初めてのコメントになります。^^

昨日は、本当に楽しいオフ会でしたね~
カナダのおやじ様をはじめ皆さまの優しい顔つき、優しい目
に安心して会話を楽しめました。

思いがけずに、長屋の爺様から本も頂き嬉しかった。
U氏さんとも無事にホテルにお着きなり、そして今日は
無事に自宅に戻られたとの事で安心いたしました。

KUON様から以前に言われた言葉
「幸せになった者勝ち」

今の私は幸せです。^^

昨日はありがとうございました。

2016/06/06(月) |URL|黒猫アビ [edit]

前を向いている人は○○しい

こんばんは

昨日は楽しいひと時を過ごさせていただきました(感謝)

ある意味不幸は一文の値打ちも無いけれど、人を大きくする「肥やし」にはなります

苦労を重ねていると些細なことで「喜び」を感じる繊細さが養われてくるのかもしれません

アビさんを観ていて、ふと思いました

人間の幸・不幸は他人と比較すべきものではないのかも・・・

私は本来の仕事も家族も親類縁者もすべて失くしましたが

幸せですか? と問われれば、「幸せです」と答えようと思います

私の「座右の銘」 
    
   琢かざれば、器を成さず

   人 学ばざれば、道を知らず 


沢山本を読んでください 本なら我が家に溢れていますから・・・

2016/06/06(月) |URL|長屋の爺 [edit]

飲み過ぎました

昨夜は楽しいひとときを過ごせました。有難うございました。

家では体の為に禁酒してますが、もともと大酒飲みな私です。
KUON様のお酒もあなた様のお酒も美味しくて一人で飲んでしまいました。本当にごめんなさい。
お土産にワインを二本も持って帰ってどこまで酒好きなんだと自分が恥ずかしくて、今日一日中、落ち込んでいました(苦笑)

どの方も素晴らしい方たちで本当に楽しいオフ会でした。
ブロガーでもなく、読者としても浅い私は当然昨夜のメンバーには入っていませんでしたが、都内在住で最後におまけで拾って貰って親父様には感謝してます(^o^)

2016/06/06(月) |URL|ツグミ [edit]

ツグミさんへ

こんばんは

酒が好きで何が悪い?

酒に呑まれるなら、いざ知らず・・・あなたは人の笑顔を引き出す

不思議なキャラクターだと観ましたが

酒を自制しすぎると、反動で制御できなくなりそうで心配ですね

今日、どれだけ呑むか、最後の一杯をイメージして杯を重ねてください

今日楽しく呑み終えれば、明日もきっと楽しい酒になると信じて・・・

酒は逃げては行きませんし、親の仇でもないのですから(笑)

あのお酒・・・約束通り送りますから安心してください はははは^^

あまり自分をイジメないように、自信を持ってお過ごしください

また いつかお会いできるかもしれません 御身大切に!

2016/06/06(月) |URL|長屋の爺 [edit]

先日はありがとうございました!

長屋の爺様

こんばんは!いつもはロム専の私ですが、今回初めてコメントさせていただきます。

さて、先日のオフ会では大変お世話になりまして、本当にありがとうございましたm(__)m 

私の想像とは裏腹に爺様というには余りにもお若く、かつ様々な経験を経たからこその懐の深さを感じさせる佇まいの方で、今回お目にかかることができて本当に良かったですし、嬉しく思っております。

全員と初対面のオフ会、あの場にいられたことが何とも不思議だと思えますが、きっとこれも何かの御縁であり、大きな力が働いているのかも!(笑)思っております。

今回のオフ会、楽しい時間はアッというまであり、得難い時間でもありました。 私も四十数年生きてきましたが、振り返れば後悔と反省ばかりを繰り返し、子供も成すことができなかった単なる役立たずですが、これから先に何が起こるかわかりませんから、自分なりに今を大事にしていこうと思っています。

今回、カナダの親父さま、長屋の爺様を始め、諸先輩方にお目にかかって一層そのように思った次第です。

またお目にかかれる日を楽しみにしております。時節柄くれぐれもご自愛くださいませm(__)m


2016/06/09(木) |URL|アリエス [edit]

アリエスさんへ

こんばんは

会が始まるまでの事前のイメージと一番違っていたのが

アリエスさんでした

もっと頑なな人、胸を張って踏ん張っている方とばかり思っていました

意外と言うと失礼ですが、何ともかわいい女性でした(笑)

ただ・・・最初の表情が緊張した結果だとして割り引いても、散会するときの表情は別人のようでもありました

人は「変われる」「変えられる」ことを観た思いです

性能の良い戦闘機も護衛艦も、強いからこそ美しいと言えます

強い自分を見失わないでください

そうすれば、輝いた貴女になれますから

再会の時が訪れることが必然でありますように・・応援しています。

2016/06/09(木) |URL|長屋の爺 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/978-bb88db53


back to TOP