不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  建国記念の日を迎え 

今日は建国記念の日である

戦前は「紀元節」と呼ばれ、神武天皇が即位したとされる日である

紀元前660年一月一日(旧暦)

新暦の二月十一日にあたる

神武天皇は実在したかどうか疑問視されているが

凡そ記念日や「**の日」と言うものの根拠は曖昧なものが多い

この紀元節はGHQによって、一度廃止されていたものだ

(昭和23年、GHQの命令によって廃止された)

ところが昭和41年(1966年)に日本の祝日として復活した

(つまりは、GHQの命令・決定・強要など覆そうとすればできるのである)

ところがGHQ憲法は一度も変えられていないのだから驚いてしまう

何度も改正したから良いとか悪いという次元の話ではないが

憲法を一度も改正しなかった我が日本は世界でも稀有な国家であることは間違いない

《 この間、アメリカは6回、イタリアは15回、カナダは18回、フランスは27回

そしてドイツにいたっては58回憲法改正が行われている 》


日本が植民地である理由は「GHQ憲法」によって統治されていることだと私は考えている

アメリカが日本の牙を抜く意図で考案されたのが「日本国憲法」であり

帝国思想、民族性を抑え込む意図で拡散助長された社会主義思想・共産主義思想が

アメリカの予想以上に浸透した結果であると思っている



国家の基本的権利が曖昧で、国家存続の危機を回避する手段まで抑えられている

「アメリカが守る」という大前提が揺らいできている今、変わらなければいけないのは

憲法条文と言うより国民の危機意識ではないだろうか

その意識が高まれば、自ずと憲法改正の必要性を国民は熱望するはずだ

政府自民党は姑息な策を弄せず、丁寧な説明・説得を続けるべきである


それにしても・・・日の丸は何処へ行ったやら

ご近所で日の丸が掲揚されているのは我が家だけ・・・・


そんな家庭ではおそらく日本代表に黄色い声援を送る日々を過ごしているのだろう

サッカーやラグビー、テニスにゴルフ、ジャンプにフィギュア、野球など

日の丸を胸に輝く若者たちを観て応援していて日本や日本人の栄誉を望んでいるのに

日の丸や君が代は敬遠する日本人の不思議・・・


思想のバランスが著しく壊れたのが現代人だと私は思っている

祖国を愛することは罪でもあるかのように・・・国旗・国歌を疎んじる光景に

心が痛む思いである


外国の災害には寄付を惜しまない日本人を称賛する諸外国のマスコミ

たしかに日本人らしい心遣いであるが、足元を見れば日本人で救いの手を待つ

子供たちは数多くいるのに、外国にばかり目を向けているように映る

ユニセフのCMを観たことがあるが、脅迫めいた文言に怒りを覚えたことがある

似非慈善家に激しい怒りを感じるのは私が異常なのかもしれないが・・・

これが壊れた国家観に起因するとは誰しも考え無いようである


一に自分、二にお金、三・四が無くて、五に外国人

私たちにとって、三と四に入る言葉は何だろう?

移民問題、外国人労働力、海外現地生産、自虐史観・・・

日本人と日本国は何処へ行った?



それを問いかけているのが【建国記念の日】ではないだろうか・・・・。




* 来る2月22日は「竹島の日」である

(どんな扱い方をするのか千代田に注目したい)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

物憂い

長屋の爺殿 こんばんは。

さしずめ、「三に九条」、「四に人権」といったところではないでしょうか?

九条と言えば、某政党。
18歳選挙権を控え、生徒を洗脳(汚染?)。今からほくほく顔で皮算用。

人権と言えばアムネスティ・インターナショナル。
上から目線で、「死刑は生きるという最も基本的な人間の権利を根本から否定する刑罰」と説きますが、では、殺された人間には生きる権利が無かったとでも言うのでしょうか?

来月は、在日本韓国YMCAにて、東京アムネスティ・フェスティバルが開催されます。善男善女は行ってらっしゃい見てらっしゃいです。

追記
私は猫大好き人間です。ミコさんにもよろしくです。

2016/02/12(金) |URL|AKI [edit]

9条で救われる命など無い

AKIさん こんばんは

人権派と言う人種は不都合なことには耳目を閉ざし、自分勝手な理論で武装してるだけですね

殺した者だけ擁護される日本に明るい未来など来るはずがない

そんな簡単な基本に目を向けない偽善者の代表が国会議員という輩です

私は、三に権利、四に9条かと・・・・

9条で救われる命など有るはずがない

そんな妄想に気づかない日本人が哀れでなりません

2016/02/13(土) |URL|長屋の爺 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/902-935eba1d


back to TOP