不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  2015年 長屋の爺の書籍購入歴 

早いもので今年も残すところ一か月半になった

今年は意外と書籍の購入が減った気がして

今年に入ってから購入した書籍を整理してみた

期間 2015・1・1~2015・11・10

* 古代史  22冊

* 政治・社会   11冊

*近代史  7冊

*日本語・漢字  18冊

*シナ・朝鮮 関連  8冊

*趣味・実用書  18冊

*小説  8冊

合計 92冊


政治関係と小説が大きく減ったのが解る

読みたいと思える小説が見当たらない理由は

作家の質が落ちたと言う事だろう


愚作を乱発する金の亡者のごとき作家がもてはやされる時代

だれでも世間に名が知られれば、お馬鹿タレント諸氏でも

中身の薄い書籍を出す時代になったというところか

愚作の小説を読むくらいなら、著名なブロガーのブログを

読むほうがどれだけ満足&納得できるか…


古代史も相変わらず書いてあるから事実という、揺るがぬ

信念で書かれたものばかりが目に付く(笑)

表題に騙されて購入し、途中で読むのを止めた古代史本もある


政治・社会はブログを巡回して様々な見解を知ることで、凡その

所はつかめるが、埋もれた意見や視点を変えた考えの書籍は

読む価値はある気がする

一方的な意見だけではなく、対極にある意見も知るべきで、

その点からいうと、駄作・愚作の部類の書籍も参考にはなる


今年多くなったのが、日本語と漢字に関する書籍だ

日本人として生まれて、日本語が不得意な長屋の爺である

外国語どころか日本語も満足に理解できないことに

日本人として恥ずかしさを感じている


日本語は本当に難しい、つくづく感じる事ではあるが

普段の会話は標準語ではなく、いろいろな地方の

言葉のミックスで、県を江戸時代の藩と思えば、考えように

よっては、多国語を理解していると言えるのかもしれない


日本に住んでいながら、理解できない「方言」が有る事に

だれも問題として感じないことのほうが不思議なくらいで

英語が話せて理解できる人が、日本の地方に行って言葉の壁で

苦労するなど、洒落にならない話だと思うのだが・・・


年末・年始に向けて今年も書籍を買いだめするつもりだ

時間を忘れるような書籍に巡り合えるかどうか・・・

楽しみでもあり、悩みでもある
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/834-187b62d6


back to TOP