不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  天皇家と菊花紋 

天皇家と言えば「菊の御紋」である




th_20150602211346f42.jpg


この菊花紋が天皇家の紋章と定まったのは

第82代 後鳥羽天皇 の時からだと言われている

貴族・武士にかかわらず、家紋は一つではなく

いくつもの紋を使用する風習があった

とくに後鳥羽天皇は菊花の紋を好んで使い

衣服や調度品、懐紙や車、刀剣などに

使用したため、菊花紋を使っていた他の者が

遠慮して使用を控えるようになった

天皇家の家紋として認知され始めたのは

後鳥羽天皇の時代と言って過言ではない

そういうことになる・・・

(正確には、十六八重表菊が皇室の紋)

しかし、公式に皇室の御紋が「十六八重表菊」に

定められたのは明治2年のこと

ちなみに、日本国のパスポートに描かれている

のは、「十六一重表菊」、国会議員のバッジには

「十一菊」、などが使用されている


秋篠宮家の御紋は下記の図案である

Japanese_Crest_of_Akisino_no_miya_svg.png



天人相関説によって「廃位」した天皇がいた

第111代 後西天皇(ごさい)

1657年 明暦の大火

1658年 江戸の大火

1660年 伊勢神宮の焼失

その後、諸国での洪水、大地震などの

天変地異によって、天皇の行跡がよくない

からだと徳川幕府から退位の要請があり

1663年 27歳の若さで譲位した

大変な努力家で、茶道・華道・香道にも

練達し、文芸面に秀で多くの著作を残した

天皇である


 あしはらの 中津国の名 国の風

   この道ならで なにあふかむ


   (後西天皇 )


儲君(ちょくん・もうけのきみ)

聞きなれない言葉だが、これは簡単に言うと

皇位を継承する者(君)ということ

皇太子とは別で、皇太子は皇位継承の筆頭候補

であり、「立太子礼」を経て正式に皇位継承者と

して皇太子となる

儲君に定められると言う事は、次期天皇

に即位することが決定されたと言う事でありながら

正式に立太子礼を行わず、次期天皇後継者に

定められることを言う

日本の天皇で最初に「儲君」に定められたのは

第113代 東山(ひがしやま)天皇である

                     

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

No title

こんばんは。

記事の一部をお借り申し上げます。

ありがとうございます。

2015/06/07(日) |URL|KUON [edit]

No title

kuonさん こんばんは

前からkuonさんには「断り不要」の許可を出してあります

いつでも自由に使ってください (笑)

2015/06/07(日) |URL|長屋の爺  [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/713-a5f4baa3


back to TOP