不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  梅の香に包まれて (三) 

写真の編集をすっかり忘れていた

*はとりたくない・・・

物忘れなのか? ボケなのか(笑)


p1000386.jpg


p1000387.jpg

同じ品種が纏まって植えられていないので

重複したり、写し損ねたりで・・・

あるいは品種名の写し忘れなど

吾ながら情けないと反省

p1000388.jpg


p1000388-2.jpg

たまたま写真を写そうとしている方が

寄って来たので、ちょっと遠慮しているうちに

他の梅に向かってしまった爺・・・・あ~ぁ


p1000389.jpg


全体的には「紅白」は道を隔てて分けられ

あっちへ行ったり、こっちに来たり

人間が写り込まないように、苦心して

いるうちに、写したのかどうかすら不明と

いう体たらくです(笑)

p1000390.jpg


p1000391.jpg




p1000392.jpg


p1000393.jpg


p1000394-2.jpg


p1000395.jpg



品種が同じでも、木が違えば違うのかと

思ってみたが・・・・ご覧の通り判らないw


p1000396.jpg

人間が写り込むと編修が大変

そんな「ものぐさ爺」のやる事だから

いつも人気(ひとけ)の無い梅だけが

被写体になるというお粗末さ・・・・

もっと枝振りの良い、花盛りの梅も

他にあったのだが・・・



p1000398.jpg


p1000399.jpg


p1000400.jpg


p1000401.jpg


p1000402.jpg



風が強く 天気の割には肌寒かった

池にも漣が立ち噴水の水が冷たげに写る

手足は冷たく 身体はホッコリ・・・


p1000403.jpg








p1000404.jpg


p1000405.jpg










p1000406.jpg


p1000407.jpg


p1000408.jpg










p1000409.jpg


p1000410.jpg


p1000411.jpg


p1000412.jpg




このときは少し早かったのか

蕾が目立つ摩耶紅梅




p1000413.jpg


p1000414.jpg

こちらもちょっと早めの蕾だけの淋子梅





p1000415.jpg


p1000416.jpg








p1000417.jpg


園内には「タンポポ」も咲き春の趣




p1000418.jpg


p1000419.jpg


全景を写すと人だらけになってしまう

来年の春の楽しみが増えた

あっ・・・鬼が笑うか


p1000422.jpg


帰路は人の居ない道を・・・

遠回りしてかえろ・・

余韻を楽しみながらゆったりと

久々の散策でした


                  
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/648-79bf5eff


back to TOP