不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  多神教と政教分離 

【戦没者への敬意は宗教儀礼ではなく、

国民儀礼とみなされてきた。日本政府は

明確に言明してきたし、この数世紀間に

儀式の意味は変化した。 だから靖国参拝

は許可され、教皇特使ドハーティ枢機卿は

参拝したのだ。】


(カトリック教会の戦争責任 西山俊彦著より)


日本は多神教の国である

Aという神もBという神も同時に受け入れる

宗旨宗派が違っても、宗教儀式に参列する


葬儀や慰霊祭であっても、宗旨・宗派は関係

しないのが日本の儀礼である


ところが「政教分離」を唱える人間の多くは

一神教の観念でとらえ、それによって判断を

下す、狭すぎる視野と言えるような傾向が

あると思っている

一神教の教えでは

 【あなたには、私をおいて他に神があっては

 ならない】 (モーセの十戒 より)


【主なる神は土のチリで人をつくり、命の息を

その鼻に吹き入れられた。 そこで人は生きた

ものとなった。】

(旧約聖書 創世記第二章第七部より
) 



人間は神がチリを集めて創ったにすぎない

神と人の関係は、「創った者」と「創られた者」

その理屈から言うと、先祖が神と言えど「人」

である「**尊」「**姫命」を神とは認めない

のが「一神教的判断」であり、地球上の人を

創造した「絶対神」の前では、釈迦もアマテラスも

モハメッドも創られた者でしかない

神道が宗教であるかどうかより、アマテラスそのもの

の存在を認めたくないのである。


神はこの世には一人しか居ないのであり

ましてや複数の神の存在も認めない

ということは、複数の神を崇拝するわが国の

多神教、ひいては「日本神道」など理解しがたい

存在でしかない


その物差しでいうと

私などは「曹洞宗」の信徒であるから、浄土真宗の

葬儀に参列し、焼香することもいけない事になる

当然、異教である「キリスト教」の祭りに参加したり

祝う事など「もってのほか」ということになってしまう

神は「イエス」だけであり、

神社に居るとされる「日本の神」は【土のチリ】

でしかないという事だろう



では現実はどうなのか・・・・

日本人で「私はクリスチャンだから」と言う理由で

友人知人の葬儀に参列しない人がいるのか?

クリスチャンは京都の神社で参拝はしないのか?


その説明をしようとしても

一神教の世界に生きる人に、日本人の宗教観を

理解しろと言うのは所詮無理がある


神道があったから「戦争」をしたなどという誤解

が「政教分離」を推し進めたともいえる

日本人は「宗教観」で争いをすることはしない

神道において「論争」はあっても、戦争はなかった

ここでいう「日本人」とは「お天道様の民」であり

仏教徒とはまた別である

戦地に赴いた若者は、アマテラスの加護を

信じていたのだろうか・・・

多神教の「日本男児」は最期に誰を思い浮かべ

たのだろうか・・・

おそらく天皇でも、八百万の神でも弘法大師でも

無かったと考えている

私の考えでは、父や母、妻や子、兄弟・祖父母の

顔を思い出していたのだろう

其処には「天皇家」も「神道」も入り込む余地など

全くないのである


簡単に言えば、日本人は「宗教に支配」されない

そういう民族なのである


仏教も一つボタンを掛け違えば

他宗教を非難し、宗教を政治に結び付けようと

した例もある

(仏教に詳しい方なら察しがつくと思うが・・

その思想の一部分を御旗に、現在の政治に

大きな影響を及ぼしている現実もある)



他宗教を否定したり、政治に利用するのは

多神教の日本人らしからぬ「教え」でもあり

宗教は「人生の諭し」であり、神道は日本人の

「存在理由」であるという事なのだ


(あくまでも私の自論である)


宗教とは個人が「安らかに人生を全う」するため

の指針であり、方便でもある

その宗教を背景に、他宗教を非難したり、排除

することはいかがな物か・・・

まさしく、GHQや似非日本人が叫ぶ「政教分離」は

一神教的な解釈であり、日本の風土にそぐわない

考え方で妄想と誤解による論拠でしかない


皇室神道の祭祀者である天皇家が「仏教徒」

だったり、仏教徒が神社の総代であったりするのが

日本らしさなのであり、多神教ゆえの「おおらかさ」

なのだと私は思っている。

                    
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/615-bd9af1de


back to TOP