不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  平成28年度の新聞協会賞のお粗末 

平成28年度の新聞協会賞を受賞したNHK「天皇陛下『生前退位』の意向」報道

新聞がいかに堕落したかを象徴するものだろう

NHKは天皇から直接聞いたとでもいうつもりなのか・・・

天皇みずから語ったとするなら、これは憲法違反の疑いが濃厚となる

さらに、何処からかのリークであったなら天皇は国家の威信にも関わる重大事を

口の軽い性悪な人間に漏らしていたことになる

スクープなどと言いながら「憲法違反」の片棒を担ぐNHKを表彰する珍事であり

新聞業界が如何に腐っているかの証明でもある

「しんぶん紙」が担ってきた役目はすでに終わっているのかもしれない

その事に気付かないのか、あるいはそれを認めたくないのか・・・

今の新聞業界は断末魔の叫び声を上げるしか成す術がないと言える

理念を忘れ矜持を捨て、読者に迎合する内容とプロパガンダに利用された

新聞紙の運命は決まっていると私は思っている

朝日を批判し毎日をあざ笑い、中日を罵る人たちでさえ、未だに新聞紙に

光明を見つけようとしていることが哀れでもある


皇室の話のついでに言うと、愛子内親王が長い事学校を欠席しているという

ネット上ではいろいろな憶測が飛び交っているが、単純に「偽物愛子さん」が

校内の眼の中に「耐えられない視線」を感じていて、登校する気持ちになれない

私はそんな気がしている

いくら学習院の関係者が「かん口令」を敷いても、十代半ばの子供たちである

「あいつ 偽物らしいぜ」 なんて陰口が聞こえれば、たまらなくなるのも納得できる

自閉症児はよほどの軽度であったり、乳幼児の時から専門の人間にフォローして

貰わなければ、おおきな改善は期待できない

最近の「愛子様画像」を見る限り、被写体の女児は自閉症児ではない

健常者の眼と手足の動きをしている

私はこの一連の状況を見ていると、安倍晴明に仕える「ヒトデナシ」を見えるのに

見えないモノとして扱った「平安貴族」を想像してしまう

どう見たって「愛子内親王」ではない別人を「愛子様」として扱う関係者たち

狂った世界の中だけで通用する異常な現象としか見えないが・・・・





我が子も気づくのが遅かったばかりに可哀想な人生を歩ませてしまった

自傷行為やパニック障害は日常茶飯事であり、こだわりは解消されることは無い

それが自閉症児の現実である


どんなに大人たちが巧妙に隠そうとしても、子供の世界では通用しないことが多い

子供というのはある意味「世界一残酷」で、「世界一賢い」生き物なのである

ネットで少しずつではあるが「真実」が浸透し始めている

東宮や千代田の関係者がどんなに秘匿・隠蔽しようとしても、今の時代は

子供もネットの世界で大人社会と繋がっていることが理解できないようだ

まるで、シナ共産党政権が国民は知らないと思って、情報統制しても

海外経由のSNSなどで真実は次第に露見してきているのと同じである


政府もマスゴミも東京五輪だ築地移転だと騒いでいるようだが、東日本はどうなっている

熊本復興はどうなっている?

日本の政府も政治家も痛みの理解できない「木偶人形」ばかりなのが現実である

いま日本に何が必要で、何を優先させなければならないのか・・・

商業五輪に期待感を膨らませている人には申し訳ないが、他人の痛みは百年でも

我慢できる見本みたいな話なのである

生前退位(譲位)などで時間を浪費している状況ではないはず

皇室も政府も馬鹿ばっかりだと・・・国民やってられないわ(笑)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/1058-ba759f75


back to TOP