不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  へそ曲がりの細やかな感謝 

滋賀県の「稲部(いなべ)遺跡」で弥生時代終末から古墳時代初め(3世紀前半)の

鉄器工房群の遺構が見つかったという毎日新聞の記事があった

素人には極めて分かり難く、古代史をある程度知っている人間にとっては

不可解な記事でもある

何と言っても表題が・・・

【滋賀・稲部遺跡:大規模な鉄器工房遺構 「邪馬台国」時代 】

誰が決めたのか「邪馬台国時代」という言葉にちょっと違和感を感じた長屋の爺です

卑弥呼論争と共に邪馬台国論争と言うものもあるのは事実

しかし・・・邪馬台国と言う国が現実にあったのかどうか・・・・

だれかが確かめたのだろうか?

現代の言語の発音で和式漢字に置き換えて「邪馬台」と呼ぶその国は

何処にあったのかすらわかってはいないのも事実なのである

縄文時代と私たちが言っているのも、近代になって誰かが命名したに過ぎない

なぜなら縄文の付いた土器が多数発掘されたから「縄文時代」というだけで

その時代には文様の無い土器も作られている

1メートルも誰かが定めたから「1メートル」なのである(笑)


この記事の中に「鉄器製造が終了した3世紀後半には、一辺十数メートル規模の

大型の建物2棟が相次ぎ出現」 と書かれていた

私は無知なもので「鉄器製造が終了した」その後は鉄器は作られなかったのか?

私の記憶では石器→青銅器→鉄器 のはずだったように思うが

鉄器の次に何が主体となったのか・・・・アルミやステンレス、セラミック?

まさか4世紀に鉄器以上の素材の器具が存在したとも思えないのだが

学問は奥が深いのだろうと納得はしてみた(笑)

学芸員とか専門家の発表は理解しにくい事が往々にしてある

それを素人が活字にするとなおさら難解なことになるのかもしれない

どうも専門家の方々は「**j時代」という区切り、レッテル貼りが好みのようで・・・・

織田信長の時代を尾張時代と呼ばず、秀吉の時代を豊臣時代とは言わないで、

「安土桃山時代」、源氏の時代を「鎌倉時代」、足利氏の時代を「室町時代」

さらには徳川氏の時代を「江戸時代」と呼ぶ・・・

同じ江戸(東京)に首都があっても「明治時代」「大正時代」「昭和時代」

なんとなくざっくりとした基準で「**時代」は定義されてきている


たぶん・・・こんなこと考え、しょうもない事を書くのは自分だけだろうけど

ただ一つ言えるのは、このようなことが学校の授業で教えられ、試験にも出ること

そして常識として日本人の中に浸透していることに誰も疑問に思わないことではないか

外国人が日本の歴史を覚える過程で、きっと不思議に感じる事かもしれない

わずか15年でも「大正時代」・・・・

何世紀にわたっていても「縄文時代」・・・・

偏屈でへそ曲がりの爺の戯言でした。




「そんなこと知ったからといって人生に何の影響もないぜ」

その通りなのであります(笑)


この世の中で生物は「生きるために食べ」「食べることが生きること」である

どうして人間だけが【余分な知識」を得ようとするのか・・・・

友人たちの言う通り、知らなくても生きていけ、知ったからと言って何も変わらないこと

この世の中にあまりにも多すぎる気もしている


今晩の夕飯は何にしようか悩んでいる人も居る

かと思えば、夕飯など腹が満たされればよいと思って、新聞記事に難癖付けて

わけのわからないブログを書いている長屋の爺がいる・・・・


もし農業が発展しなかったなら、人間は日々獣を追いかけ、木の実を集めることに

人生のすべてをかけていただろう・・・・

私がしょうもないブログが書けるのも、【稔り(実り)】が与えてくれたもの

太陽と大地の恩恵に感謝して当然であると実感する現在である


感謝と我慢を忘れた現代人たち・・・

首を垂れるのは千代田の住人にではなく、天上の太陽であり

大地の実りに対してではないだろうか・・・・

今日の朝を迎えたことに感謝し、今日を精いっぱい生きることを誓う

それが私の毎朝の日課なのである。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

日陰の雑草は直ぐ抜ける

お早うございます
お体よろしい様で・・・

お陽さまに当たりますと皮膚が息を致します
服の下でも
身体には無数の換気口があり
汗の出口を(汗腺)マンホールくらいとしますと
無数の穴は牛乳瓶程であります
ここから取り込まれた空気は(滋養は)肺を介することなく
全身を巡りますそして彼らが通ることで『路』が出来
そこを思考が行き来するのです
この緻密な人体を先人様がくださいました
陽の光というおまけをつけて
太陽も人体も使い倒さなければ罰があたります
あはは。

2016/10/18(火) |URL|はしびろこう・ウナ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/1057-c8409d9e


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。