不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  台風上陸 

よりによって台風がこの地に上陸するというので、久しぶりにNHKの台風情報を

夜中まで観て、今日は寝不足の長屋の爺です



車で10分足らずの地域に土砂災害警戒情報、避難勧告まで出た時は

どうなる事かと思いましたが幸いにも大事には到らずホッとしています

本当に今年は自然災害が多いと実感するのですが、内心では

天の怒りの矛先が我々と言う事が、理不尽な話に感じています(笑)


さて、

他人には言えない秘密の一つや二つを持っているのが普通ですが

心に傷を持つ人はそれ以上に多いと思っている爺です


心に傷を持つ人は往々にして口数が少なく

その原因は常にその事が頭の中の重要な部分を占めて

時には口にできない心配となり、人に対する抵抗や遠慮

さらには自己嫌悪などを起こしてしまう気がしています


そんな人を傍から観ると気になるもので・・・

人々は原因を知らないばかりに、そんな人に対し「影のある人」「ミステリアスな人」

などと思ったりすることさえあったり(笑)


何でも正直に話しているようで、ある部分だけは固く閉ざす部分を持っている

そういう人なら周りに沢山いるはずなのだが、意外と気づかない事が多い


ニッポンが日本だった頃・・・

こういう人を指して「あの人は屈託があるようだ」と言った

すでに死語になったような言葉で、最近は「屈託のない笑い顔」などとは

言わなくなってしまったが、早い話一つの事を思い詰めたり、心配事や

人には言えない悩みがある事をいった言葉だった


あかるい話題で盛り上がっているときでも、どこか「冷めた」表情をする人

きっと身近にいるかもしれないですね


【進退谷まる】 しんたいきわまる

進退窮まると書くこともあるが、本来の意味から言うと「谷まる」が正しい

孔子が書いたとされる「詩経」の中の文で、【進退維谷】(進退これ谷まる)

から出た言葉だから「谷まる」があっていると思います

谷に挟まって行くも退くもできない状況ということでしょうか・・・

何やら長屋の爺の現状そのものではないか? なんて思っていませんか(笑)

同じ意味の言葉として【のっぴきならない】という言葉もあります

退き引きができない→のっぴきならない


【片腹痛い】

誰もが一度は聞いたり使ったことがある言葉かもしれません

この言葉は「かたわらいたし」と発音すべき言葉でした

この言葉は元来は【傍痛】と書いて「かたわら・いたし」と使った言葉です

「は」は音にすると「わ」ですけど、いつの間にか「かたはら」と読むようになり

「傍」も「片腹」に代わってしまいました

意味としては、言動や態度があまりにも身の程知らずで、見苦しく滑稽で

傍から観ていると苦々しく思う様を表現する言葉でした

だから「おなかが痛い様子」の言葉ではないのに片腹が痛いとは何とも

複雑な思いが・・・ 

チッ ちゃんちゃらおかしいぜ! (これも同じような意味です)



亭主・旦那・夫たちが自分の妻を指して【かみさん】と呼ぶことがある

これを不思議に思わない人が結構いるようで、本来は「上さん」と書きます

これは本来、上位者の奥方を呼ぶ尊敬語でした

それが一般の人妻に対して使うようになり、料理屋の店主にも使うように・・・

今では料理屋の店主を指して「女将」と書いて「おかみ」と読むようになった


ちなみに、年を重ねた奥方は「山の神」と呼ばれる

本来、山の神は怖くて大きな力を持ち、里人から絶大な信仰を集めていた

頭の上がらない亭主にとって、時に怖くて、我が家の実権(財布)を握る女性は

山の神にも匹敵する存在だったのでしょう(笑)


犬や猫を飼っている人が良く使う言葉「モフモフ」

ペットのやわらかい毛は誰が触っても心地よい感触ですね

この柔らかい毛のことを古き日本では【和毛】と書いて「にこげ」と云いました

和毛と書いて「にこげ」なんて素敵な表現が日本には存在したのです

毛繕い(けづくろい)もグルーミング、飼い主がするとブラッシングというのも

どこか粋じゃないと思うのは爺だからなのか・・・・・

「毛繕いするから こっちへおいで」とペットに言ってみては? 


【さかしら】

現場でプロの職人たちが精いっぱい仕事をしている場所に

経験も技術も無い「頭でっかち」な監督がしゃしゃり出てきて

職人たちを見下した態度で、段取りを指示するのは何とも腹立たしい事です

こういう「利口ぶって」「生意気で」「自信過剰」な話しぶりを「さかしら」といいます

大手ハウスメーカーの監督などその代表と言えますね(笑)

問題が起きると決まって職人に「しりぬぐい」をさせる事になることが殆どなのに・・・




関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

長屋の爺様

今晩は。

台風の被害がなくて安心いたしました。

日本語の意味、面白いですね
「さかしら」っていう言葉、初めて知りました。
上から目線の人、かなりいます
聞き流しますが、嫌いです。

2016/09/21(水) |URL|黒猫アビ [edit]

死語が多い

アビさん こんにちは

どうなっても良いように、「おにぎり」を作って夜遅くまで待機していましたが、この場所は何事も無く・・・日本はどうなってしまうのか心配ですね

日本には外国語には無い一つのモノに対し、多くの表現する言葉が存在していました

しかし、言葉は文化と言われ、どんどん日本らしさが失われて行くのを観るのがつらいです

2016/09/22(木) |URL|長屋の爺 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/1049-4e07a086


back to TOP