不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  ご報告 

      天皇、皇后両陛下が来春のベトナム訪問で調整

 菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、天皇、皇后両陛下が来春にもベトナムを訪問される方向で調整していると明らかにした。

 菅氏は「わが国とベトナムは友好関係を着実に進展させ発展させてきており、ベトナムからは歴代国家主席がわが国を公式訪問している。これに対して、両陛下のベトナムご訪問はこれまで実現しておらず、ベトナム政府から累次にわたって両陛下に対し、ご訪問、ご招待があった」と説明した。



本当にこのような皇室が必要なのか・・・あらためて考えさせられてしまう記事である


高齢を理由に「公務が負担だから」という理由から「譲位」を言い出したのは

いったいどこの誰だった?

「ベトナムに行ける体力&気力があるなら、祭祀&公務をやれよ」とは友の弁だ・・・・




◆ 私事の報告 ◆

正式に決まった話ではないので、軽率な事は言えないのですが、この地を

離れることになりそうと言う話です

今日明日の話ではないですが、転居することになると思います

この地で10年という歳月暮らしてきたので、多少なりとも愛着はあるし

全てを失くし失意の爺を受け入れてくれた場所だが、世間で言うところの耐震が

不十分という判定がされ、築40年ははるかに過ぎた物件でもあり、家主が

建て替えを決意したらしい (借りている身では文句は言えない 笑)

完成するまでの期間、生活をする場所を探しても、元の場所に帰って来るには

もう一度引っ越しをすることになるわけで、いっそのこと転居したほうが経済的・・・

という結論です

ネコが居るのでどこでも暮らせるわけも無く、条件的に厳しいと思っているが

正式に決まればすぐにでも転居先を探さなければならなくなる

という事は、今以上に時間の制約が厳しくなりそうということで・・・

できる事なら暖かい季節に引っ越ししたいものだがw


最初の話が、キッチンと風呂・トイレのリフォームだったので、安心していたのだが

リフォーム+耐震工事なら、建て替えたほうが家賃も上げられるし・・・・

という業者との話し合いの結果なのだろうと思う


取り敢えず、1000回をきりにしてブログは休止しようと思います

突然言い出せば驚かれると思いましたので、一応そういう「予定になりそう」

という報告でした


経験から引っ越しの荷物の3分の1~半分は転居先で不要となり、ゴミと化す

のが定番なので、私は引っ越す前に産廃業者にかなりの荷物を処分してもらう

この場所だから必要な物、転居先で使えるかどうか判断できないものは、潔く

捨てて行くというのが流儀です

意外とシンプルな方が暮らしやすい

買う事はできるのに、捨てることができないと、重い荷物をいつまでも背負う事に

断捨離は人生に不可欠な事かもしれません(笑)

私の人生はどうやっても「波乱万丈」なのかもしれません

また・・それも佳きかなです




五言 臨終 一絶 ( 終わりに臨む ) 

大津皇子 作

金烏臨西舎 (金烏西舎に臨(て)らひ)

鼓声催短命 (鼓声短命を催す)

泉路無賓主 (泉路賓主(ひんしゅ)無し)

此夕離家向 (此夕家を離(さか)りて向かふ)


日本の古代の皇位とは、譲られたり坐して手に入るモノでは無かった

競争相手の命を奪って手に入れるものだった

そこには血のつながりも、肉親の情も存在していなかった

勝ち残った者にだけ許された栄誉が「玉座」だったと私は考えています

その血塗られた歴史は万世一系というベールで覆い隠され、表の部分だけを

勝者の論理と都合の良い歴史物語によってデコレーションされ皇統史という名で

我々の誇りとなってきたのが現実では無かったか・・・と私は思っています


今回の皇室問題を観る時、歴史は繰り返されるのだと、思いを新たにしました

日本人が考えているような天皇の公務が「激務」で「滅私」であるなら、争ってまで

手に入れるようなものであるはずがない

其処には庶民が想像もつかない「特権」「生活」「楽しみ」が待っているから

肉親同士で争ってまで就きたい地位なのだと思っています


サラリーマンが目指す「社長のイス」が、激務で休みも無く、私的時間など皆無で

報酬が管理職に毛の生えた程度なら、誰も目指さないのではないでしょうか?

日産のゴーン氏のように、年収数億円だからこそ、誰もがその頂を目指すのでは

無いかとも考えています


なぜ? どうして? の先にあるもの

全ての事柄には必ず理由があります

これからも、なぜ?どうして?の気持ちを持ち続けていきたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

No title

転居先で落ち着いたら
是非ブログを再開して下さい。
楽しみに待っています。

2016/09/15(木) |URL|まりりんご [edit]

No title

こんばんは


今の思いは、すごく淋しい、ということです。

淋しい。

また来ます、明日も。


2016/09/15(木) |URL|KUON [edit]

まりりんごさんへ

こんばんは

予想もしていなかった展開に少々戸惑っています
私一人なら何処かに潜り込んで生きる術もあるでしょうが、ミコと一緒となるとなかなか物件が無いのが現実です

もっと早くに解っていれば、自分の顧客が所有する貸家などはあったのですが、すでに借りられていると思います

どういう状況になるのか、どのくらいの期間で落ち着くのか、予断を許さないと言うのがほんとうでしょうね(泣)

2016/09/15(木) |URL|長屋の爺 [edit]

kuonさんへ

こんばんは

底の浅い爺ですから、充電も必要だろうと思ってください

「再開できたらいいな」という思いはありますが、どういう明日が待っているのか「神のみぞ知る」なので、区切りをつけるためにも、事前に報告させてもらいました

最悪の結果を想定し、最善の行動を選択する

何とかなる なるようにしかならない

色々な事を学んでも「終わり」が無いのが人生でしょうか・・・。

2016/09/15(木) |URL|長屋の爺 [edit]

No title

長屋の爺様

今晩は。

今年の夏は、私も何回も体調を崩し情けない思いで過ごしておりました。
引っ越しをしなければならないとの事
大変ですね!
落ち着いたらブログ再開をしていただけると嬉しいのですが・・・。
歴史に疎い私
毎回楽しみにしておりました。

長屋の爺様もお身体に気をつけて下さいネ!

2016/09/16(金) |URL|黒猫アビ [edit]

こんにちは
以前、コメントをさせていただいたことのあるももです

爺殿ほどではありませんが、周辺環境に変化があり、拝読のみとなっておりました
あと10数回でのひと区切り残念ですが、再開の時を待っています

転居をはじめ諸々のこと、くれぐれもご無理なさいませんように

2016/09/17(土) |URL|もも [edit]

ブログは続けて欲しい。

長屋の爺様、私が言うのも変ですがブログの質という点からも私の書くブログとは雲泥の差がある、それは爺様が書かれている記事、検証され吟味されている事が私には分かるからです。

文章力、その点についても私なんかは足元にも及ばない。

いずれにせよ、ブログについてのお考えはあるとは思いますが、ネット上で読まれがいがあるという点では私なんかの下らないブログよりはよっぽど世の為になる、私はそう思っています。

爺様の一読者ファンとして。

2016/09/17(土) |URL|我がまま親父 [edit]

黒猫アビさんへ

アビさん こんばんは

お久しぶりですね 今月中にはある程度の事がはっきりすると思いますが、今は何とも・・・

ブログを再開するにも、ネット環境がどうなるのか全く予想がつきません

小池知事ではないですが、「ちょっと一度立ち止まる」ことも必要か?なんて思っています。

2016/09/17(土) |URL|長屋の爺 [edit]

momoさんへ

momoさん お久しぶりです

自分の酔興で書き始めたブログ、ここまで続けるとは正直思っていませんでした

私も他の方のブログの更新を楽しみにしている「一読者」でもありますから、休止は辛い選択です

どういう方向性になっても、続けられれば良いのですが・・・

2016/09/17(土) |URL|長屋の爺 [edit]

わがまま親父様へ

こんばんは

私のこのブログに最大級の評価をしてくれたのが親父様でした

何時になるかはわかりませんが、できる事なら戻ってきたいと思っています

このまま放置して再開を考えるか、いったん閉じて新しく始めるかも今は決まっておりません

全ては白紙状態で、先の事を考える段階でもありませんが、ケセラセラで行こうと思っています

「朋あり 遠方より来る また楽しからずや」

*遠くからも(人が)やってきて朋となる、これもまた悦(よろこ)ばしいことではないか

また来年も親父様とお会いすることができますように・・・。

2016/09/17(土) |URL|長屋の爺 [edit]

犬がと~ちゃん猫か~ちゃん

お早う御座います
猫は飼ったことがありませんが
(犬ともども彼らは飼われているとは思っておりません)
『家に憑く』と謂われるそうです
ちと
心配であります。

2016/09/19(月) |URL|はしびろこう・ウナ [edit]

ウナさんへ

こんばんは

犬は「人につき」猫は「家につく」と言います

それほどに猫は住環境に敏感というか影響されると言う事かもしれません

猫OKの物件は友人の実家が所有する賃貸マンションが有ります

ただできれば「しがらみ」のない環境を探すつもりでいますけどね・・・・何とかなる、成るようにしか成らないですからw

2016/09/19(月) |URL|長屋の爺 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/1046-c1954121


back to TOP