不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  この差は何?  

皇太子さま愛知県入り、「三河万歳」を鑑賞

 皇太子さまは7日、名古屋市で開かれる第18回結晶成長国際会議に出席するため、愛知県入りされた。

 7日は安城市歴史博物館で伝統芸能「三河万歳」(国重要無形民俗文化財)を鑑賞し、演舞者に「声も舞も、そろっていましたね」と述べられた。続いて、和本や絵図など約8万点を所蔵する西尾市岩瀬文庫を訪問された。8日は同会議に出席し、熱田神宮を参拝した後、帰京される。

            2016年08月07日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

さすがと言うべきか・・・

7月20日の当ブログにも書いたが 、同じ場所に秋篠宮が訪れた時は

マスゴミは一切記事にしなかったのに、凡宮が来るときは記事にした

ちょうちん記事を書かせたらとっても上手な日本の報道各社(笑)

これも何処から(そーか辺り)の意向が反映されたモノだろう・・・


精力的に公務を「こなしている」姿をアピールする狙いだろうが

あくまでも「ぼっち害遊」であり、大したこともしていないだろうし

お言葉とやらも鳥の羽より軽そうである



こういう差別というのか贔屓をするから、巷の雀が大騒ぎするのが千代田や

霞が関の高学歴者たちは、理解できない「低能ぞろい」なんだろう


閉ざされた世界とも言うべき、千代田の行状など、綿密に計画し遂行すれば

世の中の日本人を欺き、ひれ伏させることなど容易な事なのに

みずから墓穴を掘ってばかりの愚行に怒りより、絶望すら感じてしまう

頭は生きているうちに使うものだと親から教わった長屋の爺でありながら

齢を食ってからようやく気づいた、愚か者だが・・

その低学歴の爺に、此処まで言われるほど、**ばっかりと言う事だw


曇った眼で観る者は何が最善で、何が最悪かの区別・判断ができなくて

どんどん国民の反発を買い、自分達が悪者になって行くのが理解できない

のである



本当に利口な者は、相手を叩きのめすのではなく、相手を味方につけるものだ

誰が最後に笑うのか・・・・ 「笑う」ために何を成すべきか?

その処方箋が描けないほど頭が悪いと言う事だろう


なぜ小池都知事が、選挙前の予想を覆し「圧勝」したのか?

それを考えれば、千代田の醜態は何も得ることができない理屈になる

一つの嘘を隠すためには、その何倍もの「うそ」をつかなければならない

物事には「因」があるから「果」がある

一つの罪を隠すためには、さらに多くの罪を犯すことになる

それが何であるかは皆さんが考えているあの「嘘・罪」であるのは明白だから

ここで言及はしないでおきたい・・・(笑)


暑いので体調を崩さないように・・・

そんな励まし・助言を多く貰いながら、体調を崩した長屋の爺です(笑)

こんなところにも、へそ曲がりの性格が強く出ています(汗)



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/1028-11417293


back to TOP