不必要な善意 

わが庭の 宮居に祭る 神々に 世の平らぎを いのる朝々 (昭和天皇)

◎  宮内庁という破壊工作組織 

天皇陛下、8月にもお気持ち表明…宮内庁調整

「生前退位」の意向を持たれている天皇陛下が8月中にお気持ちを表明される方向で、宮内庁が調整していることがわかった。

 同庁は、陛下が退位の意向を示されたとの報道を否定してきたが、象徴天皇制の根幹にかかわる事柄のため、陛下が直接、国民に説明される機会を設けるべきだとの考え。天皇の退位は、皇室制度の改正につながり、意向の表明は憲法が禁じる天皇の政治的な行為にあたる恐れもあるため、陛下が述べられるお言葉の内容を慎重に検討している。

 関係者によると、現在82歳の陛下は今後、さらに年を重ねていくなかで、象徴天皇としての活動ができなくなるならば、現在56歳の皇太子さまに将来、皇位を譲ることも必要ではないか、という意向を持たれている。


         2016年07月29日 Copyright © The Yomiuri Shimbun


木は森に隠せ・・・

こういう話題が省庁から報道機関に出されるときは、隠したいことや

意図的に誘導した思惑や、国民の関心をそらせたい何かがあるときと

相場は決まっているのだが・・・何があるのか(笑)


とにかく宮内庁ともあろうものが「生前退位」などという言葉を使う時点で

こいつら役人は不敬の極みである

この国には天皇位を生前に譲る場合は【譲位】という言葉がれっきとしてある

それを知らない宮内庁でもあるまい・・・

伝統や古式、慣習の破壊を目的とした売国組織と証明しているようなものだ


国・国家組織が憲法を守らないのも非常識である

天皇は政治や政事に口をはさむことは禁じられているのは常識だ

慰霊の旅くらいなら国民も我慢しているが、自虐思想的発言を漏らしたり

自らの意思で皇位をどうにかしようなどとは、越権行為であり許すべきではない


私は天皇崇拝者ではないし、皇室絶対主義でもないので

今回の天皇の言動には不快感を覚えてしまう


昔、「天皇はそんなに偉いのか?」 といった友人がいたが

まさしく、天皇は偉いのかという話にもなってしまう気がする

尊敬される天皇・皇后で無くなれば、「ただの人」になるのは当然で

ネットで観られる昨今の皇室議論は、そういう事から起こっていると

私には見えてしまう


全ての原因は「神道の祭祀王の家」に相応しくない愚か者を入れたことに

あるのだと思える


人為は天意に及ばず

国民など利口なようで案外単純で愚かなものが多い(私を含め)

上手に立ち振る舞って、ほころびを見せなければ、何ことも無かった


ところが、宮内庁という国賊組織がやりたい放題を始めたことが発端に

なり、いままで関心を持たなかった若年層にまで強い拒否感を感じさせ

てしまい、時を同じくして一般家庭の主婦層にまで内情を疑われ

ついには廃太子論まで出てくるようになった

(これを世間では 墓穴を掘る という)





今まで天皇が何を考えているかなど庶民は知るすべも無かったが

関心も無かったと思っている


天皇がこう言った、皇后がこう発言した・・・・ 


私心を封印して象徴天皇として、祭祀を執り行い、またそれを助けるのが

天皇・皇后という身分だったはずだが、いつのころからか日本の権力構造の中に

自ら口だけでなく行動でも介入する兆しが見え

天皇・皇后とはこんなにも世間に出てよいものなのかという疑問が国民の中に

広がってきている


税金を自分のポケットマネーのように扱う役人や国会議員も見かけるが

同様に皇室関係者の行動には須らく「国民の税金」が消費されることになる

たとえ個人的な観賞という行動一つとってもである

警備や移動手段、それに伴う人員の負担なども、その多くは税金である

内定費の中から・・・というのは、税金からという意味なのである


税金で食っている受刑者が暑いの寒いのと能書きを言うのはお門違いだ

という友人がいたが


言いたいことやりたいことがあれば、その税金による庇護から抜けて

言うべきことだろうし、税金で暮す身を弁えているならば、自ずと生活の中身も

相応になるはずだと私は感じている


*今日は休日で、少々酒が入っての更新のため、過言があれば容赦ください。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

生まれ故郷へ

あはは
似通った思考回路を持ちますと
『いずれ』も同じ終点に行き着くのでしょうか・・・?

おはようございます
(今、31日の午前9時です)
昨晩は深酒でした
居酒屋
スナック三軒
そして『熟女クラブ』(実は若い娘さんばかり)
久々の朝帰りでした

お店を出るたびに『友』が去り
最後に残ったのはおいらと22歳の彼女だけ・・・?
普通ならば何かがあるはずですが
爺い(おいら)はタクシーに押し込められた土佐
とほほ。・・・?。

2016/07/31(日) |URL|へたれ・ウナ [edit]

元気で何より

ウナさん こんばんは

今日も暑くてバテバテの爺ですが、なぜかビールが美味しい(笑)

想い・意識は常に後ろ向きです

還暦は「折り返し点」ですから、青年・幼子に回帰して行くのでしょう

此処半月ほど毎日呑んでいます・・・というか呑んだくれています

禁酒していた20年という日々を取り戻すかのように・・・馬鹿ですがw

2016/07/31(日) |URL|長屋の爺 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://theangerheart1182.blog.fc2.com/tb.php/1023-209e6f6a


back to TOP